保健師学校の思い出

番外編:保健師学生時代のアルバイト

 保健師学校に入学して地元を離れたので、看護学生時代にやっていたアルバイトは通えなくなってしまうため、辞めてしまっていた。それにたった1年の保健師学校だったので、アルバイトとかはせずに勉強に専念するつもりでもいた。

 しかし、学校に入学してみると、意外にクラスの仲間でアルバイトをしている人が多かったので、勉強に専念すると決めた私の決意もあっけなく、私もやっぱりアルバイトをまた始めることにした(何しろ残りのお金も乏しくなっていたので^^;)。

 私たちのように、看護学校を卒業してから保健師学校に進むと、基本的に看護師の国家試験を受けているので、国家試験に落ちていない限りみんな看護師の国家資格を取得している。私も看護師の資格を持っていたので、どうせなら看護師のアルバイトを探してみることにした。そのほうが時給も高い仕事が多いのだ。

 しかし、私は看護師の資格を持っているといっても、臨床の経験はまったくない。看護師として働いたことなどもちろん一度もないのだ。だから、いくらバイトといえどもいきなり病棟の看護師として働くのはとても怖かったので、臨床の看護師のバイトは避けることにした(度胸のある私の友人はやっていたが・・・)。

 そんな私がやった看護師として初めての仕事は、友達に紹介してもらった電話の医療情報提供のアルバイトである。詳しい話はあまりできないが、かかってきた電話に対して医療情報を提供するという仕事で、私のように看護師としての経験がまったくない者でも、どうにかできる仕事であった。

 この仕事、病棟の看護師のように直接人の命に関わる内容ではなかったので、素人のような私にはもってこいのものだった。それに仕事の内容の割には、お給料もとても良かった^^こうして私は無事に、看護師としての初めての仕事を1年間やらせてもらうことができた。

 私の保健師学校時代のクラスメートたちは、臨床で看護師として働いてきた経験のある人も多く、そのような人たちは色々な看護師の派遣会社に登録していて、色々なアルバイトをしていた。看護師のアルバイトは時給の高いものが多く、私は色々な仕事をできるクラスメートを羨ましい思いで眺めていた。私も臨床の経験があったら、もっと怖がらずに色々なアルバイトができるのに・・・と。

 私の妹もそうであった。臨床で4年間看護師として働いていたので、保健師学校の1年間、派遣会社から紹介してもらった色々なタイプの仕事を休みの日にこなしていて、とても羨ましく思ったことを覚えている。クリニックで外来の仕事をしたり、企業の健康診断の仕事をしたり、イベントの救護所の待機看護師の仕事をしたり・・・。なんだか色々経験できて、とても楽しそうに見えたものだ。

 保健師学校時代の時に私がやっていたアルバイトは、この電話のアルバイト1つだけだったが、保健師学校卒業後大病院に看護師として就職した私は、病院の仕事に慣れてきた2年目くらいから、派遣会社に登録し、連休が続いた時などは単発の仕事を派遣会社から紹介してもらい、アルバイトをこっそりやっていたりしたのだ。

 私のように正規の職員として病院で働きながら、暇を見つけてアルバイトをやっている看護師はけっこう多いように思う。もちろんお金が欲しいからという理由もあるけど、色々な仕事を経験できるからという理由も多かったように思う。私の友人などは、お金ももちろん欲しいが、自分の視野が狭くならないよう、他の病院を見るためにもアルバイトをすると言っている友人もいた。

 このように休日に単発のアルバイトをするために、みんな看護師の派遣会社に登録しておき、仕事を紹介してもらうのだった。色々な仕事の話がくるように、何社にも登録している人もいたが、私はとりあえず1つの派遣会社に登録しておいた。

 その派遣会社から紹介されてやった単発のアルバイトは、巡回入浴車の入浴の仕事だったり、イベント会場での看護師の仕事だったりしたが、もっとやる気になれば病棟の看護師から健康診断の看護師まで色々あった。

 私は病棟や外来の看護師のアルバイトは、医療ミスが怖くてできなかったが(本業に差し障りがあるような気がして)、私の同じ病院の友人は、そんなことも恐れず、休みの日に他の病院の夜勤などもこなしていた^^;まったく恐るべし体力と精神力の持ち主だと感心した。

 私は、本業の病院の看護師の仕事に支障が出ると困るので、それほどしょっちゅうアルバイトをやっていたわけではないが、たまに行くアルバイトの仕事も新鮮で、それに視野が広がるのでなかなか楽しみながらできたと思う(もちろん体力的には疲れるが)。

 ちなみに、私が登録していた派遣会社では、一度本社に面接に行き登録を済ませる。その際、自分の経験なども細かく記入する用紙があり、さらにどういう仕事を求めているのか(常勤の仕事なのかアルバイトなどの非常勤の仕事なのかなど)、どのくらいの頻度で働きたいのか、またどういう種類の仕事がしたいかなどの希望を記入する紙も提出する。

 それに沿って派遣会社から仕事を紹介されるのだが、たしかこの会社は基本的には会社からしつこい仕事の紹介はしないことになっていて、あくまでも本人が仕事を見つけたい時に本人から連絡し、仕事を紹介してくれることになっている。その辺もうるさくなくていいと思った(私が登録したのは数年前だから、多少の変化はあるかもしれない)。

 しかし、やはり看護師不足のところが多いのか、時々派遣会社から「もしよろしければ、○日に入浴のお仕事をやっていただけますか?」などという電話がかかってくることもあったが、もちろん自分の都合が悪ければ断れるので、困ることはなかった。

 そして、紹介してもらった仕事をやることに決まると、その職場までの行き方などを私の駅の最寄り駅から詳しく調べてくれたものをFAXしてくれたりなど、なかなか対応も細かくて良かったような気がする。ただ、私の友人の一人は、同じ派遣会社に登録していながらも担当の人が悪かったのか、対応がお粗末だったといって怒っており、二度とその会社の仕事はしないと言っていたので、担当者によって多少の差はあるのかもしれない。

 また、看護師として常勤で働いている時、「人間ドックの保健師が足りないので保健師の仕事をやりませんか?」という電話をもらったこともある。その仕事の条件は、非常に良かったので、看護師の仕事をしていなければぜひとも応じたい内容であった。おしいと思ったが、派遣会社に登録しているお陰で、「こういう仕事もあるのか」ということがわかったこともとても良かったと思う。

 その他にも、この会社は就職説明会や色々な講習会なども開いているらしいので(私は一度も参加したことがないが)、登録しておくと何かと役に立つのではないかと思った私であった。

 また、色々な友人の話によると、派遣会社によって紹介できる仕事の得意分野というものもあるらしい。この派遣会社は看護師の仕事が多いとか、この派遣会社は保健師の仕事に強い、とかいうように。私はまだ1つしか登録していないが、できれば保健師の仕事に強い派遣会社に登録してみたいなと思う今日この頃である。








スポンサード リンク


もくじ
自己紹介
保健師学校入学準備
保健師学校の授業
保健師学校で出会った友人たち
保健師学校の1年間
病院選び・そして就職活動
国際保健
初めての保健師実習・家庭訪問
保健センターでの実習
いざ保健師実習へ!
養護教諭の教育実習
保健室の先生^^
たび猫、授業を受け持つ
手洗いの実験
健康診断の介助とミニレクチャー
楽しい学校給食♪
教育実習終了!
教育実習後日談
研究テーマの決定
研究の苦労
入寮できない?!
都心で部屋探し
保健師の国家試験
保健師学校卒業!
保健師国家試験合格!
番外編 : 番外編:保健師学生時代のアルバイト
嬉しかったメール
メールお待ちしております!
リンク集

たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室 ナースの休憩所
看護師国家試験・情報交換所
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記(国内編)
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記