保健師学校の思い出

保健師の国家試験

 さて、こうしてどたばたしているうちに、あっという間に2月の国家試験はやってきた。看護の時は、かなり念入りに勉強した私だが、保健師の時は他にもあれこれやることがあったためか、あまり熱心に勉強した記憶がない私であった(というか、その当時のことをあまり覚えていない)。

 でも、看護師の国家試験にも言えることだが、やはり普段の勉強の積み重ねが重要である。基礎がしっかりできていれば、試験の直前になって慌てることなく、最後にやるべき勉強をしっかりやれば受かるはずなのだ。そう信じて私は2月の国家試験に臨んだ。

 今回は、妹も千葉の保健師学校に通っていたので、一緒に保健師の国家試験を受験することになった。両親はもちろん2人とも同時に合格し、新聞の保健師合格者欄に2人の名前が並んで載ることを祈っている。その期待を裏切るわけにもいかないし、万が一姉の私だけが落ちたら格好悪いので、落ちるわけにはいかなかった。

 こうして国家試験当日を迎えた。私は23区内にある、とある私立大学が会場であった。遅刻しないよう早めに妹と起きて、余裕をもって出かけた。駅で友達と待ち合わせをし、一緒に会場に入る。やはり会場はかなりの人で賑わっている。

 去年もそうであったが、国家試験というものは本当に緊張するものだ。今までの自分の勉強の成果がかかっている。それに今後の人生もかかっているのだ。しかも学校の同級生や親や親戚だったり、その他の友人たちみんなが注目しているので、できれば落ちたくないと思うもので、それはもう脅迫観念のようなものになっているのだ。

 このような緊張感の中でテストを受けるのだが、やっぱり看護の時と同じで、実際に受けてみると自信をもって答えられる問題が以外に少なく、受けた途端不安が増大するのであった。

 この時も、マークシートのテストなので、ぬりつぶす欄は間違っていないかなどに始まり、自信がない問題が続くと、「待てよ、ずっとaが続いているから、そろそろcかも・・・」なんて余計な不安がよぎったりするのである(きちんと勉強してればこんな不安ないんだろうな〜)。

 こうして国家試験が終わると、どっと疲れ果てる私たちなのであった。終わってしまえばもう考えても仕方ないので、約1ヵ月後の合格発表まではもう考えないことにするのであった。

 保健師学校でも、国家試験の次の日に学校に集まってみんなで答えあわせをしたが、看護学校の時ほど、険悪になることはなく進んだ。しかし答えあわせ後、かなりの人が真っ青になっていて、実際私の友人も「マジで私落ちてるかも・・・」と落ち込んでいた。

 その友人も結局は合格していたので、その時の心配なんてそれほど当てにならないのかもしれない。まあ、このようにして看護師や保健師の国家試験を受ける人は、胃が痛くなるような状況に追い込まれているので、周りの人たちは温かい目で何も言わずに見守っていてほしい。

スポンサード リンク


もくじ
自己紹介
保健師学校入学準備
保健師学校の授業
保健師学校で出会った友人たち
保健師学校の1年間
病院選び・そして就職活動
国際保健
初めての保健師実習・家庭訪問
保健センターでの実習
いざ保健師実習へ!
養護教諭の教育実習
保健室の先生^^
たび猫、授業を受け持つ
手洗いの実験
健康診断の介助とミニレクチャー
楽しい学校給食♪
教育実習終了!
教育実習後日談
研究テーマの決定
研究の苦労
入寮できない?!
都心で部屋探し
保健師の国家試験
保健師学校卒業!
保健師国家試験合格!
番外編 : 番外編:保健師学生時代のアルバイト
嬉しかったメール
メールお待ちしております!
リンク集

たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室 ナースの休憩所
看護師国家試験・情報交換所
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記(国内編)
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記