保健師学校の思い出

保健師学校の1年間

 私たちのように、看護学校を出て看護師の資格を持ってから保健学科に進む場合、保健学科で学ぶ期間は1年である。とても短い。だから、4月に入学して勉強が始まったかと思うと、5月くらいからもう就職試験がぼちぼち始まっていくのである。

 このように、保健学科での1年は、学校の授業・実習・研究・国家試験の勉強と平行して就職試験を受けていかなければならないので、けっこう中身の濃い、あっという間の1年なのであった。

 私は、保健学科に入ったものの、卒業してすぐに保健師になろうとは考えていなかった。まず、看護師として病院に勤めて臨床の場を見てから、保健師になろうと考えたのだ。なぜそう考えたかというと、せっかく取った資格なので両方使ってみて、色々経験してみたかったのだ。

 それなら、まず保健師になるより病院の看護師になったほうがいいと私は考えた。なぜなら、保健師の仕事の多くは、臨床とはまったくかけ離れた市役所や保健所・企業での仕事といったことが多い。デスクワークや健康の人たちを対象にすることが多くなる。

 一方、病院の看護師は、もちろん患者さんを対象とした仕事だ。夜勤もあるし、直接人の命に関わる仕事なので、肉体的にも精神的にも負担が大きい。新卒で就職するならまず肉体的に大変な看護師の仕事に就いたほうが、後々楽なのではないかと考えたのだ。

 看護師の仕事をしてから「やっぱり合わなかったから保健師になろう」ということは簡単にできるかもしれないが、保健師の仕事をしてから「やっぱり看護師の仕事もしてみよう」と思い、それから初めて病院に就職するのは、肉体的にも精神的にも大変だと思ったのだ(人によって違いはあると思うが)。

 保健師の学校の先生方は、「臨床の経験なんて必要ないから」と言い、私たち看護師の経験のない学生にも、卒業したら直接保健師になることを勧めていた。それも事実なのかもしれない。でも、私は臨床の場も見たかったのだ。直接的に臨床の経験は必要ないのかもしれないが、人生どんな経験でも役に立たないことはない。しかも、病院の看護師という、特殊な世界だ。見てみて損はない。私は迷わず病院の就職試験を受けることにした。

スポンサード リンク


もくじ
自己紹介
保健師学校入学準備
保健師学校の授業
保健師学校で出会った友人たち
保健師学校の1年間
病院選び・そして就職活動
国際保健
初めての保健師実習・家庭訪問
保健センターでの実習
いざ保健師実習へ!
養護教諭の教育実習
保健室の先生^^
たび猫、授業を受け持つ
手洗いの実験
健康診断の介助とミニレクチャー
楽しい学校給食♪
教育実習終了!
教育実習後日談
研究テーマの決定
研究の苦労
入寮できない?!
都心で部屋探し
保健師の国家試験
保健師学校卒業!
保健師国家試験合格!
番外編 : 番外編:保健師学生時代のアルバイト
嬉しかったメール
メールお待ちしております!
リンク集

たび猫シリーズ
妊娠・育児
マタニティ日記
看護師・保健師
看護師転職記 保健師学校の思い出 看護師のお仕事!
看護師のお悩み相談室 ナースの休憩所
看護師国家試験・情報交換所
海外旅行記
プラハ旅行記 イタリア旅行記 ポルトガル旅行記
ギリシャ旅行記 南欧・モロッコ旅行記 みんなの旅行記
国内旅行記
福岡旅行記 長野旅行記 那須・鬼怒川旅行記
子連れ家族旅行記(国内編)
たび猫
読書・食べ歩き日記
旅行大好き・たび猫!ホーム
ネット以外のお友達
カンボジア&タイ旅行記